タグ

タグ:MS

【多発性硬化症】医療用大麻に関する研究の進歩と課題

カテゴリ:
cannabis_1


多発性硬化症(MS)を始めとする神経変性疾患の症状に対して、医療用大麻の有用性を調べる研究が行われてきている。しかし、使用法や患者にとっての入手しやすさの改善に関しては、まだやるべきことが多く残されている。

University of ColoradoのMatthew Makelky博士が、2018 Annual Meeting of the Consortium of Multiple Sclerosis Centers(CMSC)で、MSに対する大麻使用の現状と発展について発表した。

【多発性硬化症】酸化ストレス酵素を阻害すると血液脳関門が再生する

カテゴリ:
headache_2


酸化ストレスを引き起こす酵素であるミエロペルオキシダーゼの働きを阻害することで、多発性硬化症(MS)モデル動物の血液脳関門が保護され、免疫細胞の脳への移行と神経細胞への攻撃が抑えられることが明らかになった。

血液脳関門の破綻は、MSなどの様々な疾患の特徴であり、この組織が破壊されると免疫細胞などが中枢神経へ侵入することを防げなくなる。

テネシー州ナッシュビルで開催された2018 Consortium of Multiple Sclerosis Centers Annual MeetingでミエロペルオキシダーゼとMSに関するこの最新の研究が発表された。

【多発性硬化症】オメガ3脂肪酸がMS発症リスクを下げる

カテゴリ:
fish_1


魚を多く消費する食事やオメガ3脂肪酸のサプリメントをとることで、多発性硬化症(MS)を発症するリスクを45%下げられることが報告された。

これは過去の研究に合致する結果で、この研究成果は、American Academy of Neurologyの2018 Annual Meetingで発表された。

【再発型多発性硬化症】クラドリビンはMS患者のメモリーB細胞を消去する

カテゴリ:
doctor_1


クラドリビン(Cladribine)による治療は、再発寛解型多発性硬化症(MS)のメモリーB細胞を選択的に消去することが報告された。

この結果は、American Academy of Neurologyの2018 Annual Meetingで発表された。

【多発性硬化症】レビフからオクレリズマブへの変更で症状が改善

カテゴリ:
nurse_1


継続的なオクレリズマブ(オクレバス)による治療、あるいはレビフ(インターフェロンβ‐1a)からオクレリズマブへの変更によって、長期間の多発性硬化症(MS)の再発が大幅に減少することが二年間の延長試験によって示された。

この結論は、第三相臨床試験OPERAの結果から導かれた。

また、この結果は、annual meeting of the American Academy of Neurologyで発表された。

【多発性硬化症】EBウイルス感染がMS発症リスクを上げる

カテゴリ:
cold_2


一般的なEpstein-Barr(EB)ウイルスに感染することで、多発性硬化症(MS)の発症リスクが上昇することがCincinnati Children's Hospitalから報告された。

MSだけでなく、EBウイルスは他の6つの病気のリスクも増大させる。全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、若年性特発性関節炎、炎症性腸疾患、セリアック病、Ⅰ型糖尿病だ。

この研究は、Nature Genetics誌に発表された。

【多発性硬化症】血液幹細胞移植は効果的に身体障がいを改善する

カテゴリ:
nurse_2


骨髄の破壊を伴わない自家造血幹細胞移植は、疾患修飾療法よりも大幅に再発寛解型多発性硬化症(MS)の身体障碍リスクを減少させることが臨床試験によって明らかになった。

この結果は、American Academy of Neurologyの2018 Annual Meetingで報告された。

【多発性硬化症】疾患修飾療法の早期開始が病気の進行を遅らせる

カテゴリ:
nurse_1


多発性硬化症(MS)の進行を遅らせる上で、疾患修飾療法を早い段階で始めることが最も有効であることが大規模調査で明らかになった。

このデンマークでのデータは、American Academy of Neurologyの2018 Annual Meetingで発表された。

このページのトップヘ

見出し画像
×