タグ

タグ:MS

【多発性硬化症】過剰な塩分がMSの炎症を引き起こす仕組み

カテゴリ:
salt

新たな研究によって、過剰な塩分の摂取が多発性硬化症(MS)の炎症を引き起こす仕組みが解明されました。

MSは、神経細胞を保護する役割を持つミエリンという構造を免疫システムが破壊することによって起こる自己免疫疾患です。

MSの原因はいまだ明確ではありませんが、遺伝的な因子と環境因子の両方が重要と考えられています。

環境因子としては、ビタミンD不足、喫煙、肥満、塩分の過剰摂取がMSのリスクを高めるとされています。塩分を取りすぎることで、脳の炎症を引き起こしたり、炎症を引き起こす細胞の数を増加させることが知られていました。

しかし、この塩分の効果を説明する分子機構は知られていませんでした。最近の研究により、過剰な塩分が自己免疫疾患を引き起こす仕組みが明らかにされました。

この論文はNature Immunology誌に掲載されました。

【多発性硬化症】コレステロール生合成阻害薬による神経の再生

カテゴリ:
neuron


コレステロールの生合成を阻害する薬剤がミエリンの再生を促進することが発見された。この発見は、多発性硬化症(MS)の新たな再生医療へとつながるかもしれない。

実際に、Convelo Therapeutics社からの発表によれば、同社はこの画期的な発見を基にした新薬開発に乗り出すという。

この研究論文は、Nature誌に掲載された。

【多発性硬化症】カンナビジオールEHP-101は神経損傷を防ぐ

カテゴリ:
taima_1


大麻の成分であるカンナビジオール(CBD)由来の化合物EHP-101が、再ミエリン化を促進し、神経細胞への損傷を防ぐことが、多発性硬化症(MS)のモデル動物を用いた実験で示された。この化合物は、脳と脊髄の免疫細胞であるミクログリア細胞の活動を抑えることも明らかになった。

EHP-101の開発を行うエメラルド社は、今年の後半にもカンナビジオール(CDB)由来のこの治療法について、第Ⅰ相臨床試験を開始する予定だ。

【多発性硬化症】サティベックスは痛みの緩和に有効

カテゴリ:
memo_1


サティベックスは、多発性硬化症(MS)患者の痛みを和らげるのに有用で、冷たい物への痛みの感覚を改善することが研究により確認された。

この研究は、Medicines誌に掲載された。

【多発性硬化症】オクレリズマブは車椅子が必要になる時期を7年遅らせる

カテゴリ:
aging_1

オクレリズマブによる治療は、一次進行型の多発性硬化症(MS)の身体障がいの進行を遅らせることが第三相臨床試験の結果から示された。これにより、車椅子が必要になる時期を最大で7年間遅らせるなど、患者にとって重要な違いをもたらす可能性がある。

オクレリズマブ(オクレバス)を開発、市販しているGenentech社が、リスボンで開催された4th Congress of the European Academy of Neurologyの中で最新の臨床試験データを明らかにした。

第三相臨床試験ORATORIOの延長期間に得られたデータの新しい分析は、一進行型MSに対するオクレリズマブの有効性を引き続き示した。

【多発性硬化症】EBウイルス感染によるB細胞の活性化と治療薬開発

カテゴリ:
virus_1

多発性硬化症(MS)患者の脳サンプルと健常人のサンプルの分析によって、EBウイルスは両方に存在するものの、EBウイルスに感染した免疫細胞がMS患者の脳には、頻繁に多く存在することが明らかになった。

この研究は、Neurology: Neuroimmunology & Neuroinflammation誌に掲載された。

【多発性硬化症】脳細胞の死を起こす新メカニズム

カテゴリ:
lightning_1


多発性硬化症(MS)で起こる特殊な形の細胞死を防ぐことによって、病気の進行を止められる可能性が新しい研究によって明らかになった。

その細胞死の形は、ピロトーシス(pyrotosis)と呼ばれ、pyroはギリシャ語で炎や熱を意味する。

研究チームによれば、ピロトーシスはMSで起こるミエリン鞘の破壊の裏にある「第一のメカニズム」であるという。

この研究は、Proceedings of the National Academy of Sciences誌に掲載された。

【多発性硬化症】ジレニアは再発頻度の高い若者に特に効果的である

カテゴリ:
youngs_1


多発性硬化症(MS)の若い成人患者は、MS患者全体に比べて再発頻度が高い一方で、ジレニアによる治療に良い反応を示すことが三件の臨床試験の事後解析から明らかになった。

この研究は、Multiple Sclerosis Journal - Experimental, Translational and Clinical誌に掲載された。

このページのトップヘ

見出し画像
×