カテゴリ:
lightning_1


多発性硬化症(MS)で起こる特殊な形の細胞死を防ぐことによって、病気の進行を止められる可能性が新しい研究によって明らかになった。

その細胞死の形は、ピロトーシス(pyrotosis)と呼ばれ、pyroはギリシャ語で炎や熱を意味する。

研究チームによれば、ピロトーシスはMSで起こるミエリン鞘の破壊の裏にある「第一のメカニズム」であるという。

この研究は、Proceedings of the National Academy of Sciences誌に掲載された。