カテゴリ:
taima_1


大麻の成分であるカンナビジオール(CBD)由来の化合物EHP-101が、再ミエリン化を促進し、神経細胞への損傷を防ぐことが、多発性硬化症(MS)のモデル動物を用いた実験で示された。この化合物は、脳と脊髄の免疫細胞であるミクログリア細胞の活動を抑えることも明らかになった。

EHP-101の開発を行うエメラルド社は、今年の後半にもカンナビジオール(CDB)由来のこの治療法について、第Ⅰ相臨床試験を開始する予定だ。