タグ

タグ:EDSS

【多発性硬化症】長期間の疾患修飾療法は再発型から二次進行型への悪化を防ぐ

カテゴリ:
helper_1


18年間の追跡調査によって、長期間の疾患修飾療法(DMT)を行うことで、多発性硬化症(MS)の一種である再発寛解型MSの悪化リスクを下げられることが示された。

しかし、これらの治療はすでに二次進行型MSへと進行した患者には効果が見られなかった。

この研究は、Multiple Sclerosis Journal - Experimental, Translational and Clinical誌に掲載された。

【多発性硬化症】女性における精神疾患と身体障害との関係

カテゴリ:
mental_1


うつ、不安、およびその他の気分障害は、女性の多発性硬化症(MS)患者の身体障害に影響を与えることがカナダでの研究により報告された。

この論文は、Neurology誌上で発表された。

血液幹細胞の移植で多発性硬化症の障害が改善する 第3相臨床試験

カテゴリ:
nurse_2


血液幹細胞移植を行うことで、再発寛解型の多発性硬化症(MS)患者の身体障害が大きく改善することが第三相臨床試験で示された。

このMIST試験(NCT00273364)には、110人の患者が参加しており、彼らはβ‐インターフェロン、コパキソン、ノバントロン、タイサブリ、ジレニア、テクフィデラなどの標準的な治療薬を服用していた。

無作為に選ばれた半数の被験者は、標準的な治療薬を継続するグループに割り当てられ、もう半分は血液幹細胞の移植を受けるグループに割り当てられた。この移植による治療法は、AHSCT(autologous haematopioietic stem cell transplantation)と呼ばれている。


関連記事免疫システムを”リセット”することで多発性硬化症が寛解する

このページのトップヘ

見出し画像
×