dna_chuusya
ジカウイルスに対するDNAワクチンの初期の臨床試験が行われ、期待の持てる結果が得られた。New England Journal of Medicine誌上で発表された。

ジカウイルスは、妊婦が感染すると、その新生児に小頭症を引き越すことで知られている。今回の臨床試験では、Inovia Pharmacceuticalsと、GeneOne Life Scienceにより開発された抗ジカウイルスDNAワクチンが試された。

今回のDNAワクチンは、ジカウイルス抗原を含むプラスミドDNAで、40人の患者は皮下に三回DNAワクチンを投与された後、プラスミドDNAを細胞内へ導入するために、電流による刺激を与えられた。これによって、プラスミドDNAから細胞内でジカウイルス抗原が翻訳される。

今回の臨床試験では、すべての患者で抗ジカウイルス抗体が体内に産生されることが確認された。

続きを読む