健康科学速報

ヘルスケア分野の科学技術の海外ニュースを伝えます。

タグ:CBDオイル

cannabis_1


多発性硬化症(MS)を始めとする神経変性疾患の症状に対して、医療用大麻の有用性を調べる研究が行われてきている。しかし、使用法や患者にとっての入手しやすさの改善に関しては、まだやるべきことが多く残されている。

University of ColoradoのMatthew Makelky博士が、2018 Annual Meeting of the Consortium of Multiple Sclerosis Centers(CMSC)で、MSに対する大麻使用の現状と発展について発表した。

続きを読む

oil_1


カンナビジオール(CBD)は、大麻に含まれる100種類以上の化学物質のうちの一つです。最先端の研究によって、CBDが多発性硬化症や線維筋痛症の人々に役立つ可能性が示唆されています。


2013年の総説によれば、CBDには多発性硬化症、線維筋痛症、関節リウマチなどの疾患からくる痛みを緩和する効果があります。

ただ、CBDの有効性については、現時点で科学的にしっかりと確立されているとは言えません。例えば、アメリカの食品医薬品局(FDA)は、CBDの医療への使用を承認していません。CBDについては、さらなる研究が必要と言えるでしょう。

しかしながら、多くの人がCBDを使っているのも事実です。本記事では、CBDがどうして繊維神経症等の痛みを和らげるのかについての最新の研究や、CBDの適切な使用法と副作用の可能性などをチェックしていきましょう。

続きを読む

↑このページのトップヘ