カテゴリ:
researcher_3

人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作り出された免疫細胞を用いて、がんを攻撃する免疫療法の新手法が報告された。

研究を行ったUCサンディエゴの研究チームは、この手法を用いることで、がんを攻撃する細胞を「すぐに入手できる」状態にできると期待している。

この研究は、Cell Stem Cell誌に掲載された。