カテゴリ:
pregnant_1

最近Pediatrics誌に発表された大規模調査で、妊娠中に親がアセトアミノフェンを服用すると注意欠陥・多動性障害(ADHD)の発症率が上がるという関連性が確認された。

近年、ADHDの発症率は増加する傾向にあるが、その理由はあまり分かっていない。理由の一つには、診断法の改善や診断基準の変更があるかもしれないが、それだけでADHDの増加のすべてを説明することはできない。

最近、一部の研究者によって、解熱鎮痛薬であるアセトアミノフェンを妊娠中に服用することと、ADHDとの関連が調べられてきた。このOTC医薬品は、妊娠中も比較的安全であると考えられており、解熱や鎮痛の目的で広く利用されている。