fish_1


魚介類を週に一回食べることで多発性硬化症(MS)の発症リスクを下げられる可能性が、新たな研究により示された。


この発見は、鮭やマグロ、エビなどの魚介類に含まれるω-3脂肪酸が、MSのリスクの減少に関係していることを示唆している。

この結果は、4月21日から27日にロサンゼルスで開かれるAmerican Academy of Neurologyによる学会70th Annual Meetingの中で発表される予定だ。

続きを読む