健康科学速報

ヘルスケア分野の科学技術の海外ニュースを伝えます。

タグ:魚介類

salad_1


イギリスでの研究により、レグーミ(豆類)魚介類を多く含む食事をとることによって、閉経や更年期の始まりを遅らせられる可能性が報告された。一方で、炭水化物を多く含む食事は、更年期の到来を早めるかもしれない。


更年期に入る年齢は、その人の健康に大きな影響をもたらす。

妊娠する能力を失うことに加えて、未成熟な閉経(40歳以下)や早期の閉経(40歳から45歳)が起こると、様々な問題を引き起こすことがある。

骨密度の低下心臓病のリスクの増大性欲の喪失などは、そのような問題の一部だ。

一方で、より高齢での閉経は、逆に健康に良い影響をもたらす可能性がある。例えば、最近の研究によれば、より後期での閉経は、高齢の女性において認知機能の低下を防ぐことが報告されている。

これらの健康への影響を考えれば、どのような因子が更年期の開始に影響するかを知ることが重要だ。

そこで、イギリスのLeeds大学の研究チームは、食事と更年期の開始との関連について、研究を行った。


この研究は、Journal of Epidemiology & Community Health誌に掲載された。

続きを読む

fish_1


魚介類を週に一回食べることで多発性硬化症(MS)の発症リスクを下げられる可能性が、新たな研究により示された。


この発見は、鮭やマグロ、エビなどの魚介類に含まれるω-3脂肪酸が、MSのリスクの減少に関係していることを示唆している。

この結果は、4月21日から27日にロサンゼルスで開かれるAmerican Academy of Neurologyによる学会70th Annual Meetingの中で発表される予定だ。

続きを読む

↑このページのトップヘ