カテゴリ:
トラウマ誘発性異所性骨化(HO)は、四肢に重度の損傷を負った際に、その回復過程で異常な位置に骨が形成され、痛みや運動機能の低下を引き起こす。HOは、患者の生活の質(QOL)の低下を引き起こし、社会復帰の障害となるなど大きな問題となっている。

ラパマイシン(Rapamycin)は、すでに免疫抑制剤としてFDAにより認可された市販薬だが、今回新たな効果として、HOを防ぐことがラットの実験で示された。