researcher_3


酸素センサーとして働くタンパク質であるHIF-1αが免疫B細胞の活動を制御し、多発性硬化症などの自己免疫疾患で炎症を防いでいることが報告された。

この論文は、Nature Commjnications誌に掲載された。

続きを読む