タグ

タグ:運動

シトルリンは効果なし?増大効果に関する科学的根拠

カテゴリ:
exercise


シトルリンはアミノ酸の一種で、健康の維持や運動のためのサプリメントとして人気を得ています。

シトルリンは我々の体内で作られ、食品からも摂取できますが、さらにサプリメントとして摂ることで通常よりもシトルリンの体内濃度を高めることができます。

しかしシトルリンが本当に効果があるのかは、賛否両論あるようです。

このページでは、シトルリンのサプリメントとしての効能を科学的な研究結果とともに紹介します。

肥満を改善する生活習慣10選

カテゴリ:
lady_1


健康を保つためには、食事や運動に気を付けることは欠かせません。ただし、ダイエットする時には正しい方法で行うことが大事です。

巷にはダイエット効果を謳ったサプリメントや食事法が数多くありますが、その多くは科学的根拠を持っていません。

誤った方法によってダイエットを行っては、健康を害する危険すらあります。ダイエットをするときは、科学的な根拠に基づく方法で健康的に体重を減らしましょう。

特に体重を減らす目的であれば、運動よりも食事内容に気を付けることが効果的だということが知られています。実際に、ある研究によれば、運動だけでは体重を減らす効果は小さいようです。

運動以外の科学的に実証されたダイエット方法には、摂取カロリーの記録、断続的な断食、そして、炭水化物を減らすことなどがあります。

今回は、そんな科学的な根拠を持つ10の生活習慣とダイエット方法をご紹介します。




【多発性硬化症】運動が減ると脳細胞の再生力が弱まる

カテゴリ:
jogging_1


運動に費やす時間や大きな筋肉の使用が減ると、脳の幹細胞の代謝に大きな変化が起こり、新たな神経細胞を作る能力が損なわれることが新たな研究によって示された。

多発性硬化症(MS)や脊髄性筋委縮症などの神経疾患患者において、運動が制限された場合には急速に症状が進行することがあるが、今回の発見によりその理由が説明できるかもしれない。

この研究は、Frontiers in Neuroscience誌に発表された。

日常的なジョギングがパーキンソン病の進行を遅らせる

カテゴリ:
jogging_1


パーキンソン病に対する運動の効果に関する新たな研究が発表され、高強度の運動が症状の進行を遅らせる可能性が示唆された。


パーキンソン病は、神経変性による運動機能障害で、体の様々な部位の制御できない震えやバランスの欠損が特徴として現れる。

Northwestern UniversityとUniversity of Coloradoの研究者らによって行われた試験によって、高強度の運動が初期段階のパーキンソン病患者にとって、運動機能障害の進行を遅らせるのに有益であることが示された(第二相臨床試験:Study in Parkinson's Disease of Excercise, SPARX)。

この結果に関する論文は、JAMA Neurology誌に掲載された。

筋力トレーニングが多発性硬化症による脳委縮を防止する

カテゴリ:
training_1


多発性硬化症では、運動することで運動能力を維持できることが知られているが、実はそれ以上の効果があるかもしれない。新たな研究によって、筋力トレーニングが病気の進行を遅らせる可能性が報告された。


Aarhus大学の研究者らは、週二回の筋力トレーニングを半年間続けた結果、再発寛解型多発性硬化症(relapsing-remitting multiple sclerosis, RRMS)の患者の脳委縮が防止されることを発見した。一部の患者では、特定の脳の領域の容積が増加する場合も見られた。この発見は、Multiple Sclerosis Journal誌に発表された。

このページのトップヘ

見出し画像
×