カテゴリ:
obesity_1
乳がんは米国において皮膚がんに次いで女性に多く見られるがんである。2017年には25万人が新たに乳がんを発症し、4万人がこの病気で死亡すると推定されている。乳がんによる死の原因の多くは、肺や骨などの他の臓器への転移によるものだ。

肥満は良く知られた乳がんのリスクファクターである。更年期を迎えた女性のうち、肥満の人は健康的な人に比べて20から40 %ほど乳がんにかかるリスクが大きいことが知られている。また、肥満は乳がんの転移を引き起こしやすく、生存率を下げることも知られていた。しかしながら、そのメカニズムについてはこれまで明らかにされてこなかった。

ドイツの研究グループは、あるサイトカインによってacetyl-CoA-carboxylase 1 (ACC1)の活性が低下することが、肥満によって乳がんの転移が促進されるメカニズムであることを突き止め、Cell Metabolism誌上で発表した。