タグ

タグ:血糖値

アラニンは血糖値を下げる

カテゴリ:
diabetes_1


アミノ酸の一種であるアラニンには、代謝に影響して血糖値を下げる効果があることが発見された。

アラニンは非必須アミノ酸の一種で、たんぱく質が生合成される際の原料となる。

Joslin Diabetes CenterとHarvard Medical Schoolの研究チームは、このアミノ酸にこれまで知られていなかった新しい機能があることを発見した。

研究によれば、アラニンはAMPキナーゼと呼ばれる酵素を活性化することで、細胞のエネルギー産生を上昇させる。その結果、インスリンに依存しない形で短期間の血糖値の低下につながるという。

alanine
アラニンの化学構造

AMPキナーゼは体中に存在し、栄養状態が悪くなった場合や運動時に活性化される。

この研究は、Molecular Metabolism誌に掲載された。

【ダイエットの科学】糖を食べて痩せる?マンノースが腸内細菌に与える影響

カテゴリ:
fat_2


マンノースという糖には、ダイエット効果があるかもしれません。

マンノースは代謝の改善と腸内細菌への影響によって、体重を減らす効果があることが動物実験から証明されました。この糖を摂ることで肥満を防ぐことができるかもしれません。

腸内細菌と我々の体重増加には、関連があると考えられています。

皮下脂肪の蓄積には、腸内細菌が重要な役割を果たしています。ある研究によれば、この体重をコントロールする過程には遺伝子よりも食事内容の影響が大きいそうです。

最近発表された新しい研究では、マンノースと呼ばれる糖が腸内細菌と体重増加に与える影響がマウスを使って調べられました。

mannose
マンノースの化学構造

このページのトップヘ

見出し画像
×