nurse_2


骨髄の破壊を伴わない自家造血幹細胞移植は、疾患修飾療法よりも大幅に再発寛解型多発性硬化症(MS)の身体障碍リスクを減少させることが臨床試験によって明らかになった。

この結果は、American Academy of Neurologyの2018 Annual Meetingで報告された。

続きを読む