タグ

タグ:自己免疫疾患

パーキンソン病は実は自己免疫疾患だった?iPS細胞を用いて解明

カテゴリ:
brain_2


ドイツの研究グループは、iPS細胞を用いた実験によりパーキンソン病が自己免疫疾患であることを示す研究結果を発表した。

Friedrich-Alexander-Universitat Erlangen-NurnbergのBeate Winner教授らの研究チームは、 幹細胞モデルを用いた実験によって、通常のドパミン産生細胞が免疫細胞によって攻撃されないのに対し、パーキンソン病患者由来のドパミン産生細胞は免疫細胞の攻撃を受けることを示した。

ドパミンは神経細胞で信号を伝える化学物質のひとつで、報酬系、感情、運動などに関わる脳の働きを支えている。

パーキンソン病患者の脳では、ドパミンを産生する神経細胞が死ぬことによって、この病気に特有の特有の手足の震えや硬直、発音の障害などの症状が現れると考えられているが、その死の原因についてはよく分かっていない。

今回ドイツで行われた研究では、ヘルパーT17細胞が神経細胞に対して攻撃することがパーキンソン病の原因となっている可能性が示唆された。

この研究は、Cell Stem Cell誌に掲載された。

【多発性硬化症】日光、フルーツ、コーヒーはMS発症リスクを下げる

カテゴリ:
coffee fruits


日光を浴び、日常的にフルーツを食べ、コーヒーを飲むことは、多発性硬化症(MS)のリスク低下につながることがサウジアラビアから報告された。一方で、ファストフードの食べ過ぎはリスクを上げることも明らかになった。

この研究は、BMC Neurology誌に掲載された。

【関節リウマチ】関節の痛みに対するサプリメントと栄養素:ビタミンDの効果

カテゴリ:
rheumatoid_1


ビタミンDは、骨の健康を保つ上でとても重要な栄養素だ。加えて、ビタミンDが不足すると関節や筋肉の痛みを引き起こす可能性がある。

ビタミンD不足は身体や精神の健康に重要だが、多くの人は知らず知らずのうちに、ビタミンD不足に陥っている。ビタミンD不足による症状には、関節リウマチなどの足やお尻の関節や筋肉の痛みがある。

【多発性硬化症】発症メカニズムに関する画期的な発見 TOXたんぱく質による炎症の制御

カテゴリ:
researcher_3


多発性硬化症(MS)の原因は未だに解明されていないため、現在の治療法は、病気の原因を取り除くというよりも症状を管理することに重点が置かれている。

しかし、University of Genevaなどの研究チームによって、この病気の原因解明に一歩近づく発見がなされたかもしれない。

この研究結果は、Immunity誌に掲載された。

インフルエンザが多発性硬化症を再発させるメカニズム

カテゴリ:
mask_1


インフルエンザは誰にとっても避けたいものだが、特に多発性硬化症の人々において、インフルエンザは病気を再発させることがある。新たな研究がこのメカニズムを明らかにした。


多発性硬化症


多発性硬化症(Multiple Sclerosis, MS)は、異常な免疫反応によって起こる慢性疾患で、中枢神経のミエリン鞘が免疫系による攻撃を受けることで発症する。

ミエリン鞘が傷つくと、その内側にある神経細胞の機能が損なわれ、脳や脊髄での信号伝達が影響を受ける。MSの症状として、痺れ、体の痛み、筋肉の弱化、運動機能の障害などが現れる。再発寛解型MSは、最も広く見られるMSで、症状の発現と消失が繰り返し起こる。

以前の研究により、インフルエンザや他の呼吸器での感染症がMS患者の症状を再発させるリスクを高めることが報告されていたが、そのメカニズムは不明であった。

そこで、Illinois大学の研究者らは、遺伝的に脳や脊髄で免疫系による攻撃が起こるマウスをMSモデルとして、このメカニズムを研究した。この成果は、今年八月にPNAS誌に発表された。

多発性硬化症で免疫細胞が中枢神経へ到達するメカニズムを解明

カテゴリ:
light_1


多発性硬化症で神経組織が障害を受ける機構を研究しているグループから、白血球が血液脳関門を通過して中枢神経へと到達するメカニズムが報告された。


イリノイ大学の研究者らがCell Reports誌に報告した論文では、多発性硬化症(Multiple Screlosis, MS)のモデルマウスを使った実験で、免疫細胞が中枢神経を攻撃するメカニズムが明かされた。

MSでは、免疫細胞が血流から脳や脊髄などの中枢神経へと移動して、神経を攻撃することで様々な症状が起こる。この免疫細胞が移動するメカニズムを解明できれば、その過程を防止することによってMSの治療法開発へとつながると期待される。


多発性硬化症を引き起こす原因は腸内細菌か

カテゴリ:
belly_1

動物実験により、腸内細菌が多発性硬化症を引き起こす可能性が示唆された。多発性硬化症の遺伝的リスクを持つ人々において、若い頃の腸内のバクテリアの変化が、多発性硬化症を発症する引き金となったり、その症状の進行を早めたりするかもしれない。


新たな研究によって、腸内のバクテリアの変化と多発性硬化症(Multiple Screlosis, MS)のリスク遺伝子が協調して病気を引き起こすメカニズムがPNAS誌に報告された。また、MS研究のためのユニークなモデルマウスの開発も合わせて発表された。


このページのトップヘ

見出し画像
×