タグ

タグ:臨床試験

【線維筋痛症】ビタミンDと抗うつ薬が症状を軽減する可能性

カテゴリ:
drug_2


ビタミンDが不足している線維筋痛症の患者は、ビタミンDのサプリメントと抗うつ薬の組み合わせで身体と精神の状態が改善するかもしれない。

この論文は、Medical Journal of the Islamic Republic of Iranに掲載された。

【多発性硬化症】短期間の断食が症状に与える効果

カテゴリ:
fasting_3

多発性硬化症の症状を管理するための食事療法として、短期間の断食が有効な可能性が報告された。

多発性硬化症(MS)では、免疫系が誤って神経細胞を攻撃し、ミエリン鞘を傷つけることによって、神経細胞による信号の伝達が妨害される。これにより、筋肉の弱化、疲労、バランス障害、慢性的な痛みなどの様々な症状が生じる。

これまでに、MSに対する根本的な治療法は開発されておらず、治療としてはもっぱら症状の管理に重点が置かれている。

一部の研究によって、食事療法がMS症状の管理に有効な可能性が示されているが、いまだに証拠は十分とは言えず、研究段階にとどまっている。

そこで、ワシントン大学の研究グループは、食事療法の一種として、断続的な短期間の断食が与える効果について、症状の管理に役立つかどうか研究を行った。

短期間の断食の効果について、MSのモデル動物を使った実験によって期待できる結果が得られたことから、Piccio博士らの研究チームは人間の患者を対象にした初期試験を行い、良好な結果が得られるかどうかを検証した。

これらの研究成果は、Cell Metabolism誌に発表された。

【多発性硬化症】オクレリズマブは車椅子が必要になる時期を7年遅らせる

カテゴリ:
aging_1

オクレリズマブによる治療は、一次進行型の多発性硬化症(MS)の身体障がいの進行を遅らせることが第三相臨床試験の結果から示された。これにより、車椅子が必要になる時期を最大で7年間遅らせるなど、患者にとって重要な違いをもたらす可能性がある。

オクレリズマブ(オクレバス)を開発、市販しているGenentech社が、リスボンで開催された4th Congress of the European Academy of Neurologyの中で最新の臨床試験データを明らかにした。

第三相臨床試験ORATORIOの延長期間に得られたデータの新しい分析は、一進行型MSに対するオクレリズマブの有効性を引き続き示した。

【線維筋痛症】音楽療法は痛みと不安を減らすのに有効

カテゴリ:
music_1


集団での音楽療法が、線維筋痛症の女性患者の精神状態を改善し、不安を減らすのに有効だとする臨床試験の結果がスペインの研究チームから報告された。

この論文は、Journal of Music Therapy誌に発表された。

【多発性硬化症】ジレニアは再発頻度の高い若者に特に効果的である

カテゴリ:
youngs_1


多発性硬化症(MS)の若い成人患者は、MS患者全体に比べて再発頻度が高い一方で、ジレニアによる治療に良い反応を示すことが三件の臨床試験の事後解析から明らかになった。

この研究は、Multiple Sclerosis Journal - Experimental, Translational and Clinical誌に掲載された。

バイアグラとインフルエンザワクチンでがんの転移を防ぐ

カテゴリ:
doctor_1

がんを手術によって切除した後に、勃起不全治療薬とインフルエンザワクチンで処置すると、がんの再発を防げる可能性が報告された。

これらの勃起不全薬は、インフルエンザワクチンと供に使用することで、がん手術によって時々起こる免疫システムの不全を取り除き、免疫を活性化させる。

カナダのオタワ大学の研究チームは、タダラフィル(シアリス)シルデナフィル(バイアグラ)といった勃起不全治療薬と、不活化インフルエンザワクチンで手術後転移モデル動物を処置する実験により、この結論を導き出した。


この論文は、Oncolmmunology誌に発表され、その中ではマウスのがん転移を90%防ぐことが報告されている。




さらに効果や安全性をヒトで調べるために、臨床試験が現在行われている。


【多発性硬化症】脂肪由来幹細胞による二次進行型MS治療 第1・2相臨床試験

カテゴリ:
fat_1


脂肪に由来する幹細胞が、二次進行型多発性硬化症(MS)の安全で実現可能な治療戦略となる可能性が第1・2相臨床試験の結果によって示された。

この発見は、PLOS One誌に掲載された。

【多発性硬化症】ジレニアが小児MSに対する初めての疾患修飾療法として認可される

カテゴリ:
nurse_2


ジレニア(フィンゴリモド)が、子供の再発型多発性硬化症(MS)患者に対する最初の疾患修飾療法としてアメリカ食品医薬品局(FDA)により認可された。

この認可の拡大により、元々18歳以上の患者に限られていたジレニアの使用が、10歳以上の再発型MSの小児患者にも適用できるようになる。

このFDAの決定は、第三相臨床試験PARADIGMSの結果を受けたもので、この臨床試験では、小児MS患者に対するジレニアとアボネックス(インターフェロンβ-1a)の比較が行われた。

このページのトップヘ

見出し画像
×