american football_1


新たな研究によって、脳への損傷が長期的な影響を及ぼすことが示唆された。青年期に脳震とうを経験した人は後に多発性硬化症を発症するリスクが高まるかもしれない。


脳震とうは、外傷性の脳損傷のひとつで、意識の喪失、めまい、バランスの失調、態度や気分の変化、記憶障害、混乱などがある。これらの症状は通常、脳の損傷の直後に現れるが、数日後に現れることもある。

新たな研究によって、青年期の脳震とうの経験が、後に多発性硬化症(Multiple Sclerosis, MS)を発症するリスクに関係があることが報告された。この論文は、Annals of Neurology誌に掲載された。


続きを読む