liquor_1


新たな研究によって、適度な飲酒は脳の老廃物の除去を助けるという結果が明らかになった。飲酒を楽しむ人にとっては朗報になるかもしれない。


University of Rochester Medical Centerの研究グループは、一日あたりグラス二杯半の飲酒に相当するアルコールを摂取すると、脳の炎症が抑えられることを明らかにした。

さらに、脳の老廃物を排出する仕組みであるグリンファティックシステム(glymphatic system)の働きも適度なアルコール摂取によって向上した。

しかし、過剰なアルコール摂取はグリンファティックシステムの働きを阻害し、脳の炎症を引き起こした。

研究を主導したMaiken Nedergaard博士は、この論文をScientific Reports誌に発表した。

続きを読む