タグ

タグ:脊髄性筋萎縮症

【多発性硬化症】運動が減ると脳細胞の再生力が弱まる

カテゴリ:
jogging_1


運動に費やす時間や大きな筋肉の使用が減ると、脳の幹細胞の代謝に大きな変化が起こり、新たな神経細胞を作る能力が損なわれることが新たな研究によって示された。

多発性硬化症(MS)や脊髄性筋委縮症などの神経疾患患者において、運動が制限された場合には急速に症状が進行することがあるが、今回の発見によりその理由が説明できるかもしれない。

この研究は、Frontiers in Neuroscience誌に発表された。

脊髄性筋萎縮症の患者を救うDNA新薬

カテゴリ:
child_1
ある新薬によって、もっとも重度の脊髄性筋萎縮症(spinal muscular atrophy, SMA)の乳児はより運動機能を獲得できるようになり、47%多くの乳児が人工呼吸器による補助なしで生存できるようになったことが発表された。

その新薬Nusinersenは、非常に高い有効性を示したため、臨床試験を前倒しで終了し、すぐに米国食品医薬品局(FDA)によって全てのSMA患者に適用することが承認された。

このページのトップヘ

見出し画像
×