タグ

タグ:線維筋痛症

【線維筋痛症】ビタミンDと抗うつ薬が症状を軽減する可能性

カテゴリ:
drug_2


ビタミンDが不足している線維筋痛症の患者は、ビタミンDのサプリメントと抗うつ薬の組み合わせで身体と精神の状態が改善するかもしれない。

この論文は、Medical Journal of the Islamic Republic of Iranに掲載された。

【線維筋痛症】神経伝達物質が果たす重要な役割

カテゴリ:
brain_2


神経伝達物質は、神経システムを活性化する重要なシグナル分子として働くが、この調節の異常が線維筋痛症の症状に影響を与えており、さらに診断に利用できる可能性が新たな研究により示された。

この研究は、 Biological Research For Nursing誌に掲載された。

【線維筋痛症】抗うつ薬が痛みを軽減するメカニズム

カテゴリ:
nurse_1

抗うつ薬であるミルナシプランが、線維筋痛症の患者の痛みを軽減し、痛みの抑制に関連する脳の活動を活発にする可能性が報告された。

この研究は、Scandinavian Journal of Pain誌に掲載された。

【線維筋痛症】音楽療法は痛みと不安を減らすのに有効

カテゴリ:
music_1


集団での音楽療法が、線維筋痛症の女性患者の精神状態を改善し、不安を減らすのに有効だとする臨床試験の結果がスペインの研究チームから報告された。

この論文は、Journal of Music Therapy誌に発表された。

【線維筋痛症】食事療法による症状の大幅な改善例

カテゴリ:
party_1


厳格な食事療法によって、ある線維筋痛症の女性のほとんどの症状が急速に改善したという症例がイタリアから報告された。これは、新たな低コスト、低リスクの治療法となるかもしれない。

この研究は、Frontier in Medicine Rheumatology誌に掲載された。

【CBDオイル】線維筋痛症や多発性硬化症に対する有効性

カテゴリ:
Hempoil_1


カンナビジオール(CBD)は、大麻に含まれる100種類以上の化学物質のうちの一つです。最先端の研究によって、CBDが多発性硬化症や線維筋痛症の人々に役立つ可能性が示唆されています。


2013年の総説によれば、CBDには多発性硬化症、線維筋痛症、関節リウマチなどの疾患からくる痛みを緩和する効果があります。

ただ、CBDの有効性については、現時点で科学的にしっかりと確立されているとは言えません。例えば、アメリカの食品医薬品局(FDA)は、CBDの医療への使用を承認していません。CBDについては、さらなる研究が必要と言えるでしょう。

しかしながら、多くの人がCBDを使っているのも事実です。本記事では、CBDがどうして繊維神経症等の痛みを和らげるのかについての最新の研究や、CBDの適切な使用法と副作用の可能性などをチェックしていきましょう。

このページのトップヘ

見出し画像
×