カテゴリ:
baby_1
出産時にへその緒(臍帯)をクランプで締めるのを60秒間待つだけで、何千人もの早産児の命が救われるかもしれない。最近発表されたレビューによれば、臍帯クランプを少し遅らせるだけで病院での早産児の死亡率が三割減少するということが証明された。

University of Sydneyの研究グループは、妊娠37週以前に生まれた早産児約3000人のデータを18の試験から集め、健康状態や死亡率について臍帯を出産直後にクランプした場合と遅れてクランプした場合の比較を行った。この調査によって、遅れて臍帯クランプを行った場合には、病院での死亡率が3分の1減少し、母親と新生児の両方にとって安全であるという証拠が明確に得られた(論文1)。