健康科学速報

ヘルスケア分野の科学技術の海外ニュースを伝えます。

タグ:抗酸化剤

turmeric_1


最近の研究によれば、カレーの香辛料であるターメリックに含まれる成分を食べることで、気分と記憶力を改善することができるかもしれない。


ターメリックには、様々な健康効果があることが知られている。例えば、すい臓がんの治療を助ける効果、心筋梗塞あるいはアルツハイマー病に対する効果などが示唆されている。

ターメリックに豊富に含まれる成分であるクルクミンが、これらの健康効果をもたらすと考えられている。クルクミンは、抗酸化物質として活性酸素の除去に役立つとともに、強力な抗炎症作用も持っている。

これらの効果に加えて、最近発表されたある研究によれば、クルクミンは脳に対する健康効果を持っていることが明らかになった。

続きを読む

drug_3

つい20年前には、多発性硬化症の治療法はほとんど開発されていなかった。しかし今、研究は勢いづいて新たな発見や治療法の候補が次々と現れている。多発性硬化症の治療法はどれくらい進歩してきたのか、見ていこう。


多発性硬化症(Multiple Sclerosis, MS)は、脳や脊髄での障害を引き起こしうる病気だ。世界中で210万人が影響を受けていると推定されている。

MSの発症メカニズムは完全には分かっていないが、多くの研究者が髄鞘への自己免疫疾患であると考えている。髄鞘(ミエリン鞘)とは、神経細胞を取り巻いている保護組織で、脳や脊髄から体の他の部位への信号伝達を促進している。

この病気は長期にわたって神経活動を低下させ、神経を永続的に損傷させていく。症状は、損傷された部位や損傷の程度によってまちまちである。

続きを読む

drug_1


新たな研究により、一般的な抗酸化剤が多発性硬化症の進行を遅らせる可能性が発見された。 


予備研究により、研究者らは高投与量のα‐リポ酸(lipoic acid)を二年間毎日服用することで、進行型多発性硬化症による脳の萎縮が、プラセボ群に比べて軽減されることを発見した。

研究を率いたのはOregon Health & Science University School of MedicineのRebecca Spain博士で、論文はNeuroimmunology & Neuroinflammation誌に掲載された。

続きを読む

↑このページのトップヘ