タグ

タグ:抗体医薬

抗体医薬が多発性硬化症での脳萎縮を防ぐ 第2相臨床試験

カテゴリ:
researcher_1


抗体医薬GNbAC1は、再発寛解型の多発性硬化症(MS)患者への投与が開始されて一年後の時点で、脳の萎縮を防止し続けていることが開発会社により発表された。

GeNeuro社とServier社は、第2b相臨床試験の12か月時点での結果について報告した。

モノクローナル抗体であるGNbAC1は、有害なレトロウイルスのたんぱく質であるpHERV-Wを破壊することで、MS患者での脳の損傷を防ぐと考えられている。

革新的な新薬が片頭痛を半減させる

カテゴリ:
headache_2

最近の研究によって、片頭痛治療において非常に重要な一歩が踏み出された。エレヌマブ(erenumab)と呼ばれる新薬が、片頭痛の症状が表れる頻度を半減させるという結果が報告された。


最近New England Journal of Medicine誌に報告された第三相臨床試験の結果によれば、エレヌマブの治療を受けた反復性の片頭痛患者の半数で、症状が表れる日数が半分以下になったという。

カテゴリ:

抗体の配列を含むDNAを投与することで、抗体医薬を安価に利用できる可能性が示された。Wistar Instituteの研究チームが、Nature Communications誌に発表した。

抗体医薬は、製造や保存に係るコストが高いことから、医療応用する上での費用が高いという問題がある。今回の研究成果は、費用の高い抗体の代わりに、そのDNA配列を利用できる可能性を示している。

これにより、抗体医薬の抱える高い費用などの問題に対する解決策がもたらされるかもしれない。

このページのトップヘ

見出し画像
×