doctor_2


研究者らは、サナダ虫の治療に使われる薬がパーキンソン病に関連する神経損傷を防止する可能性があることを突き止めた。この発見により、パーキンソン病での神経損傷を遅らせ、防止する方法の確立に一歩近づいたかもしれない。


米国NIHの推定によれば、全米には50万人のパーキンソン病患者がおり、毎年新たに5万人がパーキンソン病と診断されている。日本では、平成26年には13.6万人のパーキンソン病関連疾患が報告されている(難病情報センター)。

この病気には未だ確立された治療法がなく、病気の原因や治療法に関する研究が盛んにおこなわれている。

続きを読む