タグ

タグ:多発性硬化症

【再発型多発性硬化症】クラドリビンはMS患者のメモリーB細胞を消去する

カテゴリ:
doctor_1


クラドリビン(Cladribine)による治療は、再発寛解型多発性硬化症(MS)のメモリーB細胞を選択的に消去することが報告された。

この結果は、American Academy of Neurologyの2018 Annual Meetingで発表された。

【多発性硬化症】レビフからオクレリズマブへの変更で症状が改善

カテゴリ:
nurse_1


継続的なオクレリズマブ(オクレバス)による治療、あるいはレビフ(インターフェロンβ‐1a)からオクレリズマブへの変更によって、長期間の多発性硬化症(MS)の再発が大幅に減少することが二年間の延長試験によって示された。

この結論は、第三相臨床試験OPERAの結果から導かれた。

また、この結果は、annual meeting of the American Academy of Neurologyで発表された。

【多発性硬化症】EBウイルス感染がMS発症リスクを上げる

カテゴリ:
cold_2


一般的なEpstein-Barr(EB)ウイルスに感染することで、多発性硬化症(MS)の発症リスクが上昇することがCincinnati Children's Hospitalから報告された。

MSだけでなく、EBウイルスは他の6つの病気のリスクも増大させる。全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、若年性特発性関節炎、炎症性腸疾患、セリアック病、Ⅰ型糖尿病だ。

この研究は、Nature Genetics誌に発表された。

【多発性硬化症】血液幹細胞移植は効果的に身体障がいを改善する

カテゴリ:
nurse_2


骨髄の破壊を伴わない自家造血幹細胞移植は、疾患修飾療法よりも大幅に再発寛解型多発性硬化症(MS)の身体障碍リスクを減少させることが臨床試験によって明らかになった。

この結果は、American Academy of Neurologyの2018 Annual Meetingで報告された。

【多発性硬化症】疾患修飾療法の早期開始が病気の進行を遅らせる

カテゴリ:
nurse_1


多発性硬化症(MS)の進行を遅らせる上で、疾患修飾療法を早い段階で始めることが最も有効であることが大規模調査で明らかになった。

このデンマークでのデータは、American Academy of Neurologyの2018 Annual Meetingで発表された。

【多発性硬化症】オクレバスは神経細胞へのダメージを減らす 第三相臨床試験

カテゴリ:
doctor_1


ジェネンテック社の開発するオクレバス(オクレリズマブ)は、多発性硬化症(MS)患者において神経細胞損傷のバイオマーカーを減少させることが第三相臨床試験で示された。

この結果は、American Academy of Neurologyの学会(ロサンゼルス、4月21日~27日)で発表された。

【進行型多発性硬化症】イブジラストは脳の萎縮を抑制する 第二相臨床試験

カテゴリ:
researcher_2


治験薬イブジラストは、脳の萎縮を大幅に抑制することが第二相臨床試験のデータから明らかになった。この結果は、進行型多発性硬化症(MS)の治療法としてイブジラストが有効な可能性を示している。

これらの結果は、4月21日から27日にロサンゼルスで開催される学会2018 Annual Meetings of the American Academy of Neurologyの中で報告される予定だ。

【多発性硬化症】再発型と二次性進行型の認知機能への影響の違い

カテゴリ:
hasu_1


ギリシャでの研究によって、二次性進行型多発性硬化症(MS)の人々は、再発寛解型MSの患者に比べて、認知機能の低下が起こりやすいことが明らかになった。

この発見は、より進行しやすい形である二次性進行型MSが、認知機能にも影響を及ぼしやすいという長年の予想を裏付けるものだ。過去には、この仮説を裏付ける研究と、否定する研究の両方が報告されている。


この論文は、The Open Neurology Journal誌に掲載された。

このページのトップヘ

見出し画像
×