タグ

タグ:多発性硬化症

【多発性硬化症】再発寛解型から二次進行型への進行を予想できるリスク因子

カテゴリ:
doctor_1


新たな研究によって、多発性硬化症(MS)の症状の進行を予想できるリスク因子が明らかになった。発症年齢、早期再発の回数、通常時の脳損傷の程度という因子から、再発寛解型MSから二次進行型MSへと進行するリスクの高い患者を同定できるという。

この研究は、Neurology誌に掲載された。

【多発性硬化症】運動が減ると脳細胞の再生力が弱まる

カテゴリ:
jogging_1


運動に費やす時間や大きな筋肉の使用が減ると、脳の幹細胞の代謝に大きな変化が起こり、新たな神経細胞を作る能力が損なわれることが新たな研究によって示された。

多発性硬化症(MS)や脊髄性筋委縮症などの神経疾患患者において、運動が制限された場合には急速に症状が進行することがあるが、今回の発見によりその理由が説明できるかもしれない。

この研究は、Frontiers in Neuroscience誌に発表された。

【多発性硬化症】腸内細菌が脳の炎症を防止する可能性

belly_1


腸内細菌によって産生される代謝物が、中枢神経の免疫細胞であるマイクログリアによる損傷を抑制することで、脳での炎症を軽減することが報告された。研究者らは、この腸と脳の関係が新しい治療法につながるかもしれないと考えている。

「これらの発見は、腸が中枢神経に与える影響をはっきりと理解させてくれます。プレイヤーが判明したことで、我々は新しい治療法の開発を始めることができます」とBrigham and Women's HospitalのFransisco Quintana博士は、報道発表の中で述べた。

この研究は、Nature誌に発表された。

【多発性硬化症】脂肪由来幹細胞による二次進行型MS治療 第1・2相臨床試験

カテゴリ:
fat_1


脂肪に由来する幹細胞が、二次進行型多発性硬化症(MS)の安全で実現可能な治療戦略となる可能性が第1・2相臨床試験の結果によって示された。

この発見は、PLOS One誌に掲載された。

【多発性硬化症】発症メカニズムに関する画期的な発見 TOXたんぱく質による炎症の制御

カテゴリ:
researcher_3


多発性硬化症(MS)の原因は未だに解明されていないため、現在の治療法は、病気の原因を取り除くというよりも症状を管理することに重点が置かれている。

しかし、University of Genevaなどの研究チームによって、この病気の原因解明に一歩近づく発見がなされたかもしれない。

この研究結果は、Immunity誌に掲載された。

【多発性硬化症】ジレニアが小児MSに対する初めての疾患修飾療法として認可される

カテゴリ:
nurse_2


ジレニア(フィンゴリモド)が、子供の再発型多発性硬化症(MS)患者に対する最初の疾患修飾療法としてアメリカ食品医薬品局(FDA)により認可された。

この認可の拡大により、元々18歳以上の患者に限られていたジレニアの使用が、10歳以上の再発型MSの小児患者にも適用できるようになる。

このFDAの決定は、第三相臨床試験PARADIGMSの結果を受けたもので、この臨床試験では、小児MS患者に対するジレニアとアボネックス(インターフェロンβ-1a)の比較が行われた。

【多発性硬化症】疾患修飾療法の早期開始を推奨する新ガイドライン

カテゴリ:
counseling_1


新たなAmerican Academy of Neurology(AAN)によるガイドラインでは、多発性硬化症(MS)患者に可能な限り早期に疾患修飾療法の開始を検討することが推奨されている。

このガイドラインでは、治療の変更や停止についても提示されており、2018 AAN Annual Meetingで発表された。

【多発性硬化症】オメガ3脂肪酸がMS発症リスクを下げる

カテゴリ:
fish_1


魚を多く消費する食事やオメガ3脂肪酸のサプリメントをとることで、多発性硬化症(MS)を発症するリスクを45%下げられることが報告された。

これは過去の研究に合致する結果で、この研究成果は、American Academy of Neurologyの2018 Annual Meetingで発表された。

このページのトップヘ

見出し画像
×