タグ

タグ:制御性T細胞

【多発性硬化症】過剰な塩分がMSの炎症を引き起こす仕組み

カテゴリ:
salt

新たな研究によって、過剰な塩分の摂取が多発性硬化症(MS)の炎症を引き起こす仕組みが解明されました。

MSは、神経細胞を保護する役割を持つミエリンという構造を免疫システムが破壊することによって起こる自己免疫疾患です。

MSの原因はいまだ明確ではありませんが、遺伝的な因子と環境因子の両方が重要と考えられています。

環境因子としては、ビタミンD不足、喫煙、肥満、塩分の過剰摂取がMSのリスクを高めるとされています。塩分を取りすぎることで、脳の炎症を引き起こしたり、炎症を引き起こす細胞の数を増加させることが知られていました。

しかし、この塩分の効果を説明する分子機構は知られていませんでした。最近の研究により、過剰な塩分が自己免疫疾患を引き起こす仕組みが明らかにされました。

この論文はNature Immunology誌に掲載されました。

新たな遺伝子免疫療法による多発性硬化症の予防と治療

カテゴリ:
nurse_1


多発性硬化症を予防し、治療するための新たな戦略が発表された。フロリダ大学の研究チームは、多発性硬化症に対する遺伝子免疫療法を開発し、マウスでその有効性を証明した。


今年九月に公開された論文で、フロリダ大学の研究者らは、多発性硬化症(Multiple Sclerosis, MS)を引き起こす有害な免疫細胞を抑制するための新たな技術を発表した。

この新技術により、マウスを用いた動物実験でMSの発症が防止され、MSモデルマウスの臨床症状が低減された。さらに、現在の免疫抑制療法と組み合わせることで、末期MSのマウスが完全寛解に至ったことも報告された。

この論文はMolecular Therapy誌に掲載された。


このページのトップヘ

見出し画像
×