タグ

タグ:再発寛解型MS

【多発性硬化症】ジレニアは再発頻度の高い若者に特に効果的である

カテゴリ:
youngs_1


多発性硬化症(MS)の若い成人患者は、MS患者全体に比べて再発頻度が高い一方で、ジレニアによる治療に良い反応を示すことが三件の臨床試験の事後解析から明らかになった。

この研究は、Multiple Sclerosis Journal - Experimental, Translational and Clinical誌に掲載された。

【多発性硬化症】再発寛解型から二次進行型への進行を予想できるリスク因子

カテゴリ:
doctor_1


新たな研究によって、多発性硬化症(MS)の症状の進行を予想できるリスク因子が明らかになった。発症年齢、早期再発の回数、通常時の脳損傷の程度という因子から、再発寛解型MSから二次進行型MSへと進行するリスクの高い患者を同定できるという。

この研究は、Neurology誌に掲載された。

【多発性硬化症】再発型と二次性進行型の認知機能への影響の違い

カテゴリ:
hasu_1


ギリシャでの研究によって、二次性進行型多発性硬化症(MS)の人々は、再発寛解型MSの患者に比べて、認知機能の低下が起こりやすいことが明らかになった。

この発見は、より進行しやすい形である二次性進行型MSが、認知機能にも影響を及ぼしやすいという長年の予想を裏付けるものだ。過去には、この仮説を裏付ける研究と、否定する研究の両方が報告されている。


この論文は、The Open Neurology Journal誌に掲載された。

喫煙は多発性硬化症の再発頻度を増やす

カテゴリ:
smoking_1


タバコの喫煙がインターフェロン‐β治療を受けている再発寛解型の多発性硬化症(MS)患者の再発率を上昇させることが報告された。

この発見は、再発寛解型MS患者はタバコを止めることによって再発を少なくできる可能性を示唆している。

この結果は、Neurology誌で報告された。

幹細胞による多発性硬化症治療の有効性と安全性に関する臨床試験

カテゴリ:
doctor_4


へその緒から採取された幹細胞による治療法が、多発性硬化症(MS)患者の身体障害と脳の損傷を安全かつ長期的に改善することが臨床試験によって示された。

この研究は、Journal of Translational Medicine誌に発表された。

多発性硬化症の状態を血液検査で調べるための新たなバイオマーカー

カテゴリ:
blood_test_1

多発性硬化症の状態を知るための新たなバイオマーカーが発見された。ある神経のタンパク質を簡単な血液検査で測定することで、症状の再発を予想したり、治療効果を確認できるかもしれない。


ノルウェイのBergen大学の研究チームは、neurofilament light chain (NFL)と呼ばれるタンパク質が多発性硬化症(Multiple Sclerosis, MS)のバイオマーカーとして働く可能性を突き止め、Neurology: Neuroimmunology & Neuroinflammation誌上で発表した。

彼らは、80人を超える再発寛解型MS患者について、血液検査の結果とMRIやその他の検査結果とを比較した。

MSの症状は患者によって大きく異なっており、病気の進行の様子や治療効果などを予測することは困難だ。MSのバイオマーカーを特定することで、これらの予測を行いやすくなると期待される。

多発性硬化症の進行を予想するための免疫マーカー

カテゴリ:
doctor_1

ある免疫に関わる分子が、より重症の多発性硬化症を見つけるためのマーカーになる可能性が報告された。 この発見は、重症化する可能性の高い患者への個別化医療に役立つかもしれない。


多発性硬化症


多発性硬化症(Multiple Sclerosis, MS)は、脳と脊髄からなる中枢神経で起こる慢性的な疾患で、その原因には未知の部分が残り、治療法は未だ限られている。

MSでは、神経細胞の軸索を覆う脂質組織であるミエリンが傷つくことによって信号伝達が阻害され、筋肉の弱化やバランスの障害が問題として表れる。

症状は患者ごとに大きく異なっているが、一般に歩行障害、視覚障害、極度の疲れ、鬱などが含まれる。

MSの原因は、自己免疫反応と考えられているが、なぜ免疫系が突如としてミエリンを襲うのかは理解されていない。また、その症状の重篤さは比較的良好なものから重症なものまであり、予想することは困難である。


このページのトップヘ

見出し画像
×