タグ

タグ:再生医療

【多発性硬化症】コレステロール生合成阻害薬による神経の再生

カテゴリ:
neuron


コレステロールの生合成を阻害する薬剤がミエリンの再生を促進することが発見された。この発見は、多発性硬化症(MS)の新たな再生医療へとつながるかもしれない。

実際に、Convelo Therapeutics社からの発表によれば、同社はこの画期的な発見を基にした新薬開発に乗り出すという。

この研究論文は、Nature誌に掲載された。

【多発性硬化症】脂肪由来幹細胞による二次進行型MS治療 第1・2相臨床試験

カテゴリ:
fat_1


脂肪に由来する幹細胞が、二次進行型多発性硬化症(MS)の安全で実現可能な治療戦略となる可能性が第1・2相臨床試験の結果によって示された。

この発見は、PLOS One誌に掲載された。

幹細胞による多発性硬化症治療の有効性と安全性に関する臨床試験

カテゴリ:
doctor_4


へその緒から採取された幹細胞による治療法が、多発性硬化症(MS)患者の身体障害と脳の損傷を安全かつ長期的に改善することが臨床試験によって示された。

この研究は、Journal of Translational Medicine誌に発表された。

このページのトップヘ

見出し画像
×