カテゴリ:
doctor_1


新たな研究によって、多発性硬化症(MS)の症状の進行を予想できるリスク因子が明らかになった。発症年齢、早期再発の回数、通常時の脳損傷の程度という因子から、再発寛解型MSから二次進行型MSへと進行するリスクの高い患者を同定できるという。

この研究は、Neurology誌に掲載された。