カテゴリ:
pregnant_2

新たなメタアナリシスによって、女性のビタミンDの状態と生殖補助医療の成功率の間には相関があると結論付けられた。


不妊症と生殖補助医療


不妊症は広く一般にみられる苦痛を伴う問題で、米国では610万組のカップルが影響されていると推定される。これは、妊娠可能年齢の全てのカップルの10%に相当する。

生殖補助医療(Assisted Reproduction Therapy, ART)である体外受精(in vitro fertilization, IVF)や排卵誘発剤(fertility medication)の使用は、最近では広く用いられるようになってきており、その成功率も上昇している。

体外受精の成功率は女性の年齢や病院に依存するが、米国では13%から43%とされている。

初期においては、生殖補助医療の成功率は、受精卵の選別法を改良することにより上昇してきた。しかし、より最近ではその成功率の上昇は伸び悩み始めている。