jogging_1


パーキンソン病に対する運動の効果に関する新たな研究が発表され、高強度の運動が症状の進行を遅らせる可能性が示唆された。


パーキンソン病は、神経変性による運動機能障害で、体の様々な部位の制御できない震えやバランスの欠損が特徴として現れる。

第二相臨床試験であるStudy in Parkinson's Disease of Excercise (SPARX)は、Northwestern UniversityとUniversity of Coloradoの研究者らによって行われた。この試験によって、高強度の運動が初期段階のパーキンソン病患者にとって、運動機能障害の進行を遅らせるのに有益であることが示された。

この結果に関する論文は、JAMA Neurology誌に掲載された。

続きを読む