タグ

タグ:ミエリン

【多発性硬化症】コレステロール生合成阻害薬による神経の再生

カテゴリ:
neuron


コレステロールの生合成を阻害する薬剤がミエリンの再生を促進することが発見された。この発見は、多発性硬化症(MS)の新たな再生医療へとつながるかもしれない。

実際に、Convelo Therapeutics社からの発表によれば、同社はこの画期的な発見を基にした新薬開発に乗り出すという。

この研究論文は、Nature誌に掲載された。

【多発性硬化症】女性ホルモン受容体作用薬がミエリン回復を促進する

カテゴリ:
researcher_2


女性ホルモンであるエストロゲンの受容体を活性化する化合物(インダゾールクロライド)が、“良い”炎症を起こして神経細胞を保護するミエリン鞘を回復させることが明らかになった。

この前臨床試験の結果は、Proceedings of the National Academy of Sciencesに発表された。

大麻由来成分が多発性硬化症モデル動物のミエリン回復を促進する

カテゴリ:
taima_1


Emerald Health Pharmaceuticals社が研究を進めるカンナビジオール由来成分EHP-101が、多発性硬化症(MS)の神経炎症、ミエリン消失のリスク、および神経細胞の損傷を減らすことが二種類のMS動物モデルで確認された。

これらの結果は、MSに対するEHP-101の治療効果の可能性を示している。この結果を受けて、同社は人間での臨床試験を今年開始できると見込んでいる。

この研究に関する論文は、Journal of Neuroinflammation誌に発表された。

このページのトップヘ

見出し画像
×