HIV_1

マラバウイルスMG1を用いることで、標準的な抗レンチウイルス療法が効かないHIV感染細胞を破壊できることが報告された。この方法が人間で機能すれば、HIVの根本的な治療に貢献するかもしれない。


University of Ottawaの研究者らは、抗がんウイルスの研究で知られているが、彼らのひとつのチームは新たな標的であるHIVにその方法を応用した。

彼らは、マラバウイルス(Maraba virus)であるMG1が、既存の抗レンチウイルス療法の効かないある種のHIV感染細胞を標的にし、破壊できることを発見した。この論文はJournal of Infectious Diseases誌に掲載された。もしこの技術が人間に応用できれば、HIVの根本的な治療法として利用できるかもしれない。

続きを読む