タグ

タグ:ビタミンD

【線維筋痛症】ビタミンDと抗うつ薬が症状を軽減する可能性

カテゴリ:
drug_2


ビタミンDが不足している線維筋痛症の患者は、ビタミンDのサプリメントと抗うつ薬の組み合わせで身体と精神の状態が改善するかもしれない。

この論文は、Medical Journal of the Islamic Republic of Iranに掲載された。

ビタミンDに驚きの健康効果あり!?最新研究まとめ

カテゴリ:
shitake


最近の研究によって、ビタミンDが心臓病やがんを含む様々な病気に対して効果を持つことが明らかになってきています。

ビタミンDは、私たちの肌に日光が当たることで合成されますが、食品から摂取することもできます。

特に冬の日照時間が短い季節には、ビタミンDを多く含む食品やビタミンD強化食品を摂ることが推奨されます。ビタミンDを多く含む食品には、青魚、肝臓、卵黄やキノコがありますが、ビタミンDが強化されたミルクやシリアルからも摂ることができます。

vitamin D2
ビタミンD2

実は、最近になってビタミンDには、多くの驚くべき効果があることが明らかになってきました。

一体どのような作用があるのでしょうか?

ω(オメガ)3脂肪酸の乾癬の症状に対する有効性

カテゴリ:
sanma_1


ω3脂肪酸のサプリメントは、乾癬に対する天然の治療法として人気を集めている。その背景にある科学的根拠やメカニズム、および適切な摂取源は何だろうか?

ω3脂肪酸は、肌の状態や心臓の健康を改善するなど様々な健康機能を持っている。

このページでは、乾癬の症状に対するω3脂肪酸の効能を裏付ける科学的根拠について見ていこう。また、適切な摂取量と摂るべき食品およびサプリメントについても紹介する。

ビタミンDが乳がんの発症リスクを大きく減らす

カテゴリ:
heart_1

ビタミンDは、色々なタイプのがんのリスクを減らす栄養素として知られている。最近の研究によれば、十分な量のビタミンDが血中に存在する人では、乳がんに罹るリスクが大幅に低いようだ。

ビタミンDのがんを抑制する効果については、長い間、医学上の議論が続いてきた。

いくつかの研究によれば、ビタミンDのレベルが高い人は、がんのリスクが低いことが示されていたが、一方で、他の研究ではビタミンDにはがんを防ぐ効果がないという結果も示唆されていた。

例えば、ビタミンDが不足すると、膀胱がんや大腸がんの発症リスクが上がることが知られている。

また、ビタミンDレベルが高い人では、乳がん治療後の生存率が高いという報告もある。

前向きコホート研究と二件の無作為化臨床試験によって、University of California, San Diegoの研究チームは、高いビタミンDレベルと低い乳がんの発症リスクがどの程度関連するかを調査した。

この分析により、一定より高いレベルのビタミンDは、乳がんリスクを「大幅に下げる」という結果が示された。

この研究は、PLOS ONE誌に掲載された。

ビタミンDが大腸がんを予防する

カテゴリ:
bowel_1


大腸がんは、日本で最も頻繁にみられるタイプのがんで、年間の死者は5万人を超える。これまでで最大規模の調査によって、ビタミンDの不足が大腸がんのリスクを大幅に上昇させることが示された。逆に、ビタミンDを十分に摂ることで、大腸がんを防げるかもしれない。

ビタミンDは、日光を浴びることで肌で生合成されるほか、ビタミンD強化食品や油の多い魚などの食品から吸収することも可能だ。

ビタミンDの効果は、骨の健康に関するものが古くから知られている。しかし、研究が進むにつれて、ビタミンDは、より多くの健康効果を持っていることが判明している。

例えば、ビタミンDの不足は、パーキンソン病、心臓疾患、肥満などの疾患に関連している。

その他にも、ビタミンDとがんとの関連も研究が進んできている。

【関節リウマチ】関節の痛みに対するサプリメントと栄養素:ビタミンDの効果

カテゴリ:
rheumatoid_1


ビタミンDは、骨の健康を保つ上でとても重要な栄養素だ。加えて、ビタミンDが不足すると関節や筋肉の痛みを引き起こす可能性がある。

ビタミンD不足は身体や精神の健康に重要だが、多くの人は知らず知らずのうちに、ビタミンD不足に陥っている。ビタミンD不足による症状には、関節リウマチなどの足やお尻の関節や筋肉の痛みがある。

【ダイエット方法の科学】ビタミンDでお腹周りの脂肪が消える?ビタミンDと皮下脂肪の関係

カテゴリ:
pizza_lady_3


新たな研究により、お腹の脂肪が多い人やお腹周りのサイズが大きな人は、ビタミンDレベルが低い確率が高いことが明らかになった。

ビタミンDは、日光を浴びた時に我々の肌で作られ、体の中で多くの役割を果たしている。

例えば、最近の研究によりビタミンDが心不全、糖尿病、がんなどの病気から体を守る可能性が報告され、一方でビタミンDの欠損は抜け毛との関連が報告されている。

ビタミンDは昔から骨の健康との関係が知られてきたが、呼吸器の感染や自己免疫疾患との関係も指摘されている。

子供時代に日光を浴びると多発性硬化症の発症リスクが減る

カテゴリ:
sunlight_1


新たな研究により、若い時期に日光を多く浴びることによって、後の多発性硬化症の発症を防げる可能性が示された。


多発性硬化症(MS)は、免疫システムが健康な中枢神経の細胞を攻撃することによって起こる自己免疫疾患で、神経細胞を覆うミエリンが破壊される。科学者らは、この病気の発症に影響を与える因子を探してきた。

MSの患者では、病気の進行によって疲労や視覚障害、バランス障害などが起こり、生活の質が徐々に低下する傾向にある。

この病気の正確な原因は分かっていないが、リスク因子としては、遺伝的要素やライフスタイル、環境因子が知られている。

また、性別(女性が男性よりもMSを発症しやすい)、喫煙、ビタミンDの不足もリスク因子とされている。

カナダのBritish Columnbia大学の研究チームは、新しい論文の中でMSのリスクを下げるかもしれない因子を明らかにした。それは、特に女性において、子供時代と青年期をどこで過ごしたかということだ。

このページのトップヘ

見出し画像
×