タグ

タグ:パーキンソン病

コーヒー成分フェニルインダンは認知症を防ぐ

カテゴリ:
coffee_2


コーヒーは健康に良い作用が色々とあることが知られていますが、さらに認知症を防ぐ効果があるかもしれません。

カナダのKrembil Research Instituteの研究チームは、コーヒーが脳を認知症から守り、思考力を高めるメカニズムを研究しました。

コーヒーを消費することで、アルツハイマー病やパーキンソン病のリスクが低下します。しかし、その効果をもたらす成分が何かはわかっていませんでした。

Frontiers in Neuroscience誌に掲載された論文によれば、脳の保護作用はカフェイン量には関係がなく、コーヒー豆をローストする際に発生するある化合物が重要な可能性があるそうです。


パーキンソン病は実は自己免疫疾患だった?iPS細胞を用いて解明

カテゴリ:
brain_2


ドイツの研究グループは、iPS細胞を用いた実験によりパーキンソン病が自己免疫疾患であることを示す研究結果を発表した。

Friedrich-Alexander-Universitat Erlangen-NurnbergのBeate Winner教授らの研究チームは、 幹細胞モデルを用いた実験によって、通常のドパミン産生細胞が免疫細胞によって攻撃されないのに対し、パーキンソン病患者由来のドパミン産生細胞は免疫細胞の攻撃を受けることを示した。

ドパミンは神経細胞で信号を伝える化学物質のひとつで、報酬系、感情、運動などに関わる脳の働きを支えている。

パーキンソン病患者の脳では、ドパミンを産生する神経細胞が死ぬことによって、この病気に特有の特有の手足の震えや硬直、発音の障害などの症状が現れると考えられているが、その死の原因についてはよく分かっていない。

今回ドイツで行われた研究では、ヘルパーT17細胞が神経細胞に対して攻撃することがパーキンソン病の原因となっている可能性が示唆された。

この研究は、Cell Stem Cell誌に掲載された。

コーヒーは体に悪い?健康効果とリスクの科学的根拠

カテゴリ:
coffee_2


朝にコーヒーを一杯、それから一日が始まるという人は多いだろう。スッキリした目覚めを与えてくれるコーヒーだが、それ以外にも我々の健康に影響があるのだろうか?一部の研究者によれば、糖尿病から肝臓疾患の予防まで、コーヒーには様々な健康への効果があるらしい。

コーヒーは年間4000億杯以上が世界中で飲まれており、世界で最もポピュラーな飲み物のひとつだと言える。しかし、コーヒーを飲むことは本当に健康的なのだろうか、あるいは副作用のリスクがあるのだろうか?

既存の寄生虫治療薬がパーキンソン病の進行を止める可能性

カテゴリ:
doctor_2


研究者らは、サナダ虫の治療に使われる薬がパーキンソン病に関連する神経損傷を防止する可能性があることを突き止めた。この発見により、パーキンソン病での神経損傷を遅らせ、防止する方法の確立に一歩近づいたかもしれない。


米国NIHの推定によれば、全米には50万人のパーキンソン病患者がおり、毎年新たに5万人がパーキンソン病と診断されている。日本では、平成26年には13.6万人のパーキンソン病関連疾患が報告されている(難病情報センター)。

この病気には未だ確立された治療法がなく、病気の原因や治療法に関する研究が盛んにおこなわれている。

日常的なジョギングがパーキンソン病の進行を遅らせる

カテゴリ:
jogging_1


パーキンソン病に対する運動の効果に関する新たな研究が発表され、高強度の運動が症状の進行を遅らせる可能性が示唆された。


パーキンソン病は、神経変性による運動機能障害で、体の様々な部位の制御できない震えやバランスの欠損が特徴として現れる。

Northwestern UniversityとUniversity of Coloradoの研究者らによって行われた試験によって、高強度の運動が初期段階のパーキンソン病患者にとって、運動機能障害の進行を遅らせるのに有益であることが示された(第二相臨床試験:Study in Parkinson's Disease of Excercise, SPARX)。

この結果に関する論文は、JAMA Neurology誌に掲載された。

このページのトップヘ

見出し画像
×