タグ

タグ:ダイエット

【ダイエットの科学】糖を食べて痩せる?マンノースが腸内細菌に与える影響

カテゴリ:
fat_2


マンノースという糖には、ダイエット効果があるかもしれません。

マンノースは代謝の改善と腸内細菌への影響によって、体重を減らす効果があることが動物実験から証明されました。この糖を摂ることで肥満を防ぐことができるかもしれません。

腸内細菌と我々の体重増加には、関連があると考えられています。

皮下脂肪の蓄積には、腸内細菌が重要な役割を果たしています。ある研究によれば、この体重をコントロールする過程には遺伝子よりも食事内容の影響が大きいそうです。

最近発表された新しい研究では、マンノースと呼ばれる糖が腸内細菌と体重増加に与える影響がマウスを使って調べられました。

mannose
マンノースの化学構造

ビタミンDに驚きの健康効果あり!?最新研究まとめ

カテゴリ:
shitake


最近の研究によって、ビタミンDが心臓病やがんを含む様々な病気に対して効果を持つことが明らかになってきています。

ビタミンDは、私たちの肌に日光が当たることで合成されますが、食品から摂取することもできます。

特に冬の日照時間が短い季節には、ビタミンDを多く含む食品やビタミンD強化食品を摂ることが推奨されます。ビタミンDを多く含む食品には、青魚、肝臓、卵黄やキノコがありますが、ビタミンDが強化されたミルクやシリアルからも摂ることができます。

vitamin D2
ビタミンD2

実は、最近になってビタミンDには、多くの驚くべき効果があることが明らかになってきました。

一体どのような作用があるのでしょうか?

肥満を改善する生活習慣10選

カテゴリ:
lady_1


健康を保つためには、食事や運動に気を付けることは欠かせません。ただし、ダイエットする時には正しい方法で行うことが大事です。

巷にはダイエット効果を謳ったサプリメントや食事法が数多くありますが、その多くは科学的根拠を持っていません。

誤った方法によってダイエットを行っては、健康を害する危険すらあります。ダイエットをするときは、科学的な根拠に基づく方法で健康的に体重を減らしましょう。

特に体重を減らす目的であれば、運動よりも食事内容に気を付けることが効果的だということが知られています。実際に、ある研究によれば、運動だけでは体重を減らす効果は小さいようです。

運動以外の科学的に実証されたダイエット方法には、摂取カロリーの記録、断続的な断食、そして、炭水化物を減らすことなどがあります。

今回は、そんな科学的な根拠を持つ10の生活習慣とダイエット方法をご紹介します。




ジャンクフードを我慢できない理由は、脳の進化にあった

カテゴリ:
Snack_1


スナック菓子などのジャンクフードは体に悪い。でも、分かっていても、ついつい食べてしまう。どうしてジャンクフードを我慢することは、こんなに難しいのだろうか?

ポテトチップス、ドーナッツ、クラッカー、フライドポテトなどのジャンクフードは、脂肪と炭水化物を多く含んでいるが、それ以外の栄養素に乏しく、これを食べすぎるとただ脂肪を蓄積する結果になる。

もしジャンクフードを食べ続ければ、我々の体は徐々にメタボリックシンドロームに陥り、肥満、糖尿病、あるいはがんなどのリスクを高めることになるだろう。

これらは何も新しい情報ではなく、我々はジャンクフードを食べることの結末をよく知っている。しかし、ジャンクフードを食べずに我慢することは難しいのもまた事実だ。健康に悪いと知りながら、それでもなおジャンクフードを食べ続ける人が多くいるのはどうしてだろうか?

【ダイエット方法の科学】ビタミンDでお腹周りの脂肪が消える?ビタミンDと皮下脂肪の関係

カテゴリ:
pizza_lady_3


新たな研究により、お腹の脂肪が多い人やお腹周りのサイズが大きな人は、ビタミンDレベルが低い確率が高いことが明らかになった。

ビタミンDは、日光を浴びた時に我々の肌で作られ、体の中で多くの役割を果たしている。

例えば、最近の研究によりビタミンDが心不全、糖尿病、がんなどの病気から体を守る可能性が報告され、一方でビタミンDの欠損は抜け毛との関連が報告されている。

ビタミンDは昔から骨の健康との関係が知られてきたが、呼吸器の感染や自己免疫疾患との関係も指摘されている。

【ダイエット方法の科学】断食による減量の方法と健康に与える良い影響

カテゴリ:
fasting_1

断続的な断食は、体重を減らそうという人々の間で人気になりつつある。しかも、最新の研究によれば、断食は加齢現象を遅らせたり、病気の予防にも有効かもしれない。

短期間の断食を行うことで、体内では脂肪からエネルギーを作り出す機構のスイッチが切り替わる。

我々の体は、通常は糖分(グルコース)からエネルギーを作るが、長期間の断食をすると、このエネルギー源は得られなくなる。

そこで、新たなエネルギー源として、我々の体は脂質を利用し始める。

脂肪酸は、ケトンと呼ばれる分子へと変換され、これが新たなエネルギー源となる。

最近の総説によれば、断続的な断食は、その他のダイエット法よりも健康的で、ケトンは他のダイエット法による副産物よりも細胞へのストレスが少ないという。

体重制限はⅡ型糖尿病治療の決定打になるか

カテゴリ:
diet_1


糖尿病の治療法確立を目指す臨床試験DiRECTの一年目の結果が公表された。その結果によれば、厳密な体重制限さえすれば、投薬治療なしでも半数の患者で症状が寛解したという。


今回の臨床試験、Diabetes Remission Clinical Trial (DiRECT)は、Newcastle UniversityのTaylor教授らによって行われた。最近、The Lancet誌に掲載された論文では、厳密な体重管理をプライマリーケアの支援の下で行えば、Ⅱ型糖尿病の寛解が得られる可能性が示された。

【ダイエット方法の科学】運動は無駄?食生活を変えないと体重は減らない

カテゴリ:
excercise_1


ジムに通って運動しさえすれば体脂肪は落ちるという考えは、改めなければいけない。 新たな研究によって、少なくとも女性では、運動しただけでは体重を落とす効果は少ないということが明らかになった。

Bangor大学の研究チームは、食生活を変えることなく週三回、4週間あるいは8週間に渡ってエクササイズ教室に通ったとしても、体重を落とすことはできないという研究結果をApplied Physiology, Nutrition, and Metabolism誌に発表した。


このページのトップヘ

見出し画像
×