タグ

タグ:セロトニン

【線維筋痛症】神経伝達物質が果たす重要な役割

カテゴリ:
brain_2


神経伝達物質は、神経システムを活性化する重要なシグナル分子として働くが、この調節の異常が線維筋痛症の症状に影響を与えており、さらに診断に利用できる可能性が新たな研究により示された。

この研究は、 Biological Research For Nursing誌に掲載された。

【線維筋痛症】食事療法による症状の大幅な改善例

カテゴリ:
party_1


厳格な食事療法によって、ある線維筋痛症の女性のほとんどの症状が急速に改善したという症例がイタリアから報告された。これは、新たな低コスト、低リスクの治療法となるかもしれない。

この研究は、Frontier in Medicine Rheumatology誌に掲載された。

このページのトップヘ

見出し画像
×