タグ

タグ:ジレニア

【多発性硬化症】長期間の疾患修飾療法は再発型から二次進行型への悪化を防ぐ

カテゴリ:
helper_1


18年間の追跡調査によって、長期間の疾患修飾療法(DMT)を行うことで、多発性硬化症(MS)の一種である再発寛解型MSの悪化リスクを下げられることが示された。

しかし、これらの治療はすでに二次進行型MSへと進行した患者には効果が見られなかった。

この研究は、Multiple Sclerosis Journal - Experimental, Translational and Clinical誌に掲載された。

【多発性硬化症】ジレニアは再発頻度の高い若者に特に効果的である

カテゴリ:
youngs_1


多発性硬化症(MS)の若い成人患者は、MS患者全体に比べて再発頻度が高い一方で、ジレニアによる治療に良い反応を示すことが三件の臨床試験の事後解析から明らかになった。

この研究は、Multiple Sclerosis Journal - Experimental, Translational and Clinical誌に掲載された。

【多発性硬化症】ジレニアが小児MSに対する初めての疾患修飾療法として認可される

カテゴリ:
nurse_2


ジレニア(フィンゴリモド)が、子供の再発型多発性硬化症(MS)患者に対する最初の疾患修飾療法としてアメリカ食品医薬品局(FDA)により認可された。

この認可の拡大により、元々18歳以上の患者に限られていたジレニアの使用が、10歳以上の再発型MSの小児患者にも適用できるようになる。

このFDAの決定は、第三相臨床試験PARADIGMSの結果を受けたもので、この臨床試験では、小児MS患者に対するジレニアとアボネックス(インターフェロンβ-1a)の比較が行われた。

再発寛解型多発性硬化症の治療薬ジレニアの臨床現場での有効性

カテゴリ:
drug_1


ジレニア(フィンゴリモド)は、再発寛解型多発性硬化症(RRMS)の効果的な治療法であることが新しい調査により示された。この薬は、タイサブリによる療法から変更された患者においても有効であった。

この論文は、Journal of Neurology誌に発表された。

このページのトップヘ

見出し画像
×