タグ

タグ:コーヒー

カフェインの摂り過ぎは片頭痛につながる

カテゴリ:
coffee_2


片頭痛の原因については、その大部分が未解明です。しかし、最近の研究によれば、一日三杯以上のカフェイン入り飲料を摂ると、その日の片頭痛リスクが上がるという結果が報告されています。

片頭痛は、一次性頭痛に分類されます。「一次性」とは、つまり原因が不明であるという意味です。

ただし、片頭痛が起こるきっかけは多くの人が認識しており、天気の変化、睡眠、ストレス、ホルモン、薬、運動、食事などが代表的な例として挙げられます。

カフェインについては、片頭痛を引き起こすかどうかはその摂取量が重要だと考えられています。American migraine foundationによれば、少量のカフェイン摂取によって片頭痛を軽減できる人もいます。しかし、日常的なカフェインの摂取で片頭痛の頻度が上がる人もいます。

片頭痛に対するカフェインの作用については、これまで科学的な調査は少なかったのですが、最近The American Journal of Medicine誌に論文が発表されました。


コーヒー成分フェニルインダンは認知症を防ぐ

カテゴリ:
coffee_2


コーヒーは健康に良い作用が色々とあることが知られていますが、さらに認知症を防ぐ効果があるかもしれません。

カナダのKrembil Research Instituteの研究チームは、コーヒーが脳を認知症から守り、思考力を高めるメカニズムを研究しました。

コーヒーを消費することで、アルツハイマー病やパーキンソン病のリスクが低下します。しかし、その効果をもたらす成分が何かはわかっていませんでした。

Frontiers in Neuroscience誌に掲載された論文によれば、脳の保護作用はカフェイン量には関係がなく、コーヒー豆をローストする際に発生するある化合物が重要な可能性があるそうです。


【多発性硬化症】日光、フルーツ、コーヒーはMS発症リスクを下げる

カテゴリ:
coffee fruits


日光を浴び、日常的にフルーツを食べ、コーヒーを飲むことは、多発性硬化症(MS)のリスク低下につながることがサウジアラビアから報告された。一方で、ファストフードの食べ過ぎはリスクを上げることも明らかになった。

この研究は、BMC Neurology誌に掲載された。

コーヒーは体に悪い?健康効果とリスクの科学的根拠

カテゴリ:
coffee_2


朝にコーヒーを一杯、それから一日が始まるという人は多いだろう。スッキリした目覚めを与えてくれるコーヒーだが、それ以外にも我々の健康に影響があるのだろうか?一部の研究者によれば、糖尿病から肝臓疾患の予防まで、コーヒーには様々な健康への効果があるらしい。

コーヒーは年間4000億杯以上が世界中で飲まれており、世界で最もポピュラーな飲み物のひとつだと言える。しかし、コーヒーを飲むことは本当に健康的なのだろうか、あるいは副作用のリスクがあるのだろうか?

【カフェインの効果】コーヒーは様々な慢性疾患のリスクを減らす

coffee_1


最近の包括的なレビューによって、中程度のコーヒーの消費が色々な慢性疾患のリスクの減少に関わっていることが報告された。


University of SouthamptonのPoole博士らは、これまでに行われたコーヒーについての研究のメタアナリシスをまとめたレビューをBMJ誌に発表した。

【カフェインの効果】コーヒーが腎臓病患者の寿命を延ばす?

カテゴリ:
woman cup_1

コーヒーを飲むことで慢性的な腎臓病患者の生存の助けになるかもしれないという新たな研究が発表された。


研究者らは、慢性腎臓病(chronic kidney disease)の患者のうち、カフェインを多く摂取する者は、そうでない患者に比べて死亡するリスクが四分の一減少するということを見出した。この研究成果は、米国ニューオーリンズで開催されたKidney Week 2017で発表された。

このページのトップヘ

見出し画像
×