カテゴリ:
Pharmacy_1


多発性硬化症(MS)は、脳や脊髄で起こる自己免疫疾患で、神経細胞のミエリン鞘が傷つく事によって機能が阻害され、視覚や筋肉の機能低下が引き起こされる。

現在の治療法は、免疫を抑えることで病気の進行を遅らせることに終始しており、失われた神経の機能を回復させることは出来ない。神経機能を回復させる治療法は、MS治療の新たな局面を拓くものとして嘱望されている。

現在、そのような治療法の確立を目指して、Clemastine fumarateの臨床試験が行われている。この薬剤は、MSにより失われた神経機能を回復させるのではないかと期待されている。