researcher_2


カナダでの研究により、カルネキシン(calnexin)と呼ばれるタンパク質が過剰になることで、多発性硬化症(MS)の患者の血液脳関門が壊される可能性が示された。

この発見は、MSでの脳の損傷を防ぐための新しい治療戦略につながるかもしれない。

この研究は、JCI Insight誌に論文が掲載された。

続きを読む