カテゴリ:
brain_2


神経伝達物質は、神経システムを活性化する重要なシグナル分子として働くが、この調節の異常が線維筋痛症の症状に影響を与えており、さらに診断に利用できる可能性が新たな研究により示された。

この研究は、 Biological Research For Nursing誌に掲載された。