タグ

タグ:オクレリズマブ

【多発性硬化症】オクレリズマブは車椅子が必要になる時期を7年遅らせる

カテゴリ:
aging_1

オクレリズマブによる治療は、一次進行型の多発性硬化症(MS)の身体障がいの進行を遅らせることが第三相臨床試験の結果から示された。これにより、車椅子が必要になる時期を最大で7年間遅らせるなど、患者にとって重要な違いをもたらす可能性がある。

オクレリズマブ(オクレバス)を開発、市販しているGenentech社が、リスボンで開催された4th Congress of the European Academy of Neurologyの中で最新の臨床試験データを明らかにした。

第三相臨床試験ORATORIOの延長期間に得られたデータの新しい分析は、一進行型MSに対するオクレリズマブの有効性を引き続き示した。

【多発性硬化症】レビフからオクレリズマブへの変更で症状が改善

カテゴリ:
nurse_1


継続的なオクレリズマブ(オクレバス)による治療、あるいはレビフ(インターフェロンβ‐1a)からオクレリズマブへの変更によって、長期間の多発性硬化症(MS)の再発が大幅に減少することが二年間の延長試験によって示された。

この結論は、第三相臨床試験OPERAの結果から導かれた。

また、この結果は、annual meeting of the American Academy of Neurologyで発表された。

【多発性硬化症】オクレバスは神経細胞へのダメージを減らす 第三相臨床試験

カテゴリ:
doctor_1


ジェネンテック社の開発するオクレバス(オクレリズマブ)は、多発性硬化症(MS)患者において神経細胞損傷のバイオマーカーを減少させることが第三相臨床試験で示された。

この結果は、American Academy of Neurologyの学会(ロサンゼルス、4月21日~27日)で発表された。

【多発性硬化症】オクレリズマブはインターフェロン‐βよりも効果的に再発を防ぐ

カテゴリ:
nurse_1


オクレリズマブ(Ocrelizumab)は、インターフェロンβ‐1aよりも多発性硬化症(MS)の再発を防ぐのに有効であることが、二つの第三相臨床試験の分析により明らかになった。

この比較は、疾患の活動の兆候がない期間であるNEDA(No evidence of disease activity)を作り出し、維持する作用について行われた。医薬品としては、Genentech社のOcrevus(オクレリズマブ)とSerono社のRebif(インターフェロンβ‐1a)が用いられた。

この論文は、Multiple Sclerosis Journal - Experimental, Translational and Clinical誌に掲載された。

多発性硬化症の治療法に関する最新研究まとめ

カテゴリ:
drug_3

つい20年前には、多発性硬化症の治療法はほとんど開発されていなかった。しかし今、研究は勢いづいて新たな発見や治療法の候補が次々と現れている。多発性硬化症の治療法はどれくらい進歩してきたのか、見ていこう。




多発性硬化症(Multiple Sclerosis, MS)は、脳や脊髄での障害を引き起こしうる病気だ。世界中で210万人が影響を受けていると推定されている。

MSの発症メカニズムは完全には分かっていないが、多くの研究者が髄鞘への自己免疫疾患であると考えている。髄鞘(ミエリン鞘)とは、神経細胞を取り巻いている保護組織で、脳や脊髄から体の他の部位への信号伝達を促進している。

この病気は長期にわたって神経活動を低下させ、神経を永続的に損傷させていく。症状は、損傷された部位や損傷の程度によってまちまちである。

このページのトップヘ

見出し画像
×