カテゴリ:
helper_1


18年間の追跡調査によって、長期間の疾患修飾療法(DMT)を行うことで、多発性硬化症(MS)の一種である再発寛解型MSの悪化リスクを下げられることが示された。

しかし、これらの治療はすでに二次進行型MSへと進行した患者には効果が見られなかった。

この研究は、Multiple Sclerosis Journal - Experimental, Translational and Clinical誌に掲載された。