belly_1


腸内細菌によって産生される代謝物が、中枢神経の免疫細胞であるマイクログリアによる損傷を抑制することで、脳での炎症を軽減することが報告された。研究者らは、この腸と脳の関係が新しい治療法につながるかもしれないと考えている。

「これらの発見は、腸が中枢神経に与える影響をはっきりと理解させてくれます。プレイヤーが判明したことで、我々は新しい治療法の開発を始めることができます」とBrigham and Women's HospitalのFransisco Quintana博士は、報道発表の中で述べた。

この研究は、Nature誌に発表された。