タグ

タグ:うつ病

やる気が出る食品:フルーツと野菜を手渡すと若者の活力が上がる

カテゴリ:
fruit_vegitable_1


フルーツや野菜は、健康的な食事には欠かせないものだが、メリットは身体の健康だけに限定されないようだ。新たな研究によって、フルーツや野菜を多く食べることによって、二週間以内にメンタルヘルスが改善される可能性が報告された。

研究を主導したニュージーランドにあるUnivesity of OtagoのTamlin Conner博士らは、若者に14日間、追加のフルーツと野菜を与えたところ、これらの消費が増加し、やる気と活力が増加したという。

この研究は、PLOS One誌に掲載された。

【多発性硬化症】女性における精神疾患と身体障害との関係

カテゴリ:
mental_1


うつ、不安、およびその他の気分障害は、女性の多発性硬化症(MS)患者の身体障害に影響を与えることがカナダでの研究により報告された。

この論文は、Neurology誌上で発表された。

うつ病にはマジックマッシュルームが効果的 Imperial College London

カテゴリ:
kinoko
通常の治療法が効かない重度のうつ病患者には、キノコ由来の精神作用成分が治療に有効かもしれない。

Imperial College Londonの研究チームは、キノコ由来の分子であるpsilocybinの有効性を19人の重度うつ病患者で検証した。Psilocybinは、向精神薬と類似の作用を持ち、脳内の”幸せホルモン”であるセロトニン受容体を活性化する。

患者による問診により、psilocybin投与から一週間後には、19人の患者全員でうつ症状の大幅な改善がみられ、5週間後でも19人中12人の患者で効果が持続していた。

このページのトップヘ

見出し画像
×